FRESH LETTUCE
wakana ikeda

news

去年のことをボンヤリ考えてる

年末ギリギリまでライブがあったりでバタバタフル回転していて、年越した感が全く無いまま、、、。昨夜は新宿ピットインと同じビルにある沖縄料理店でHOSE服部さん主催の年越し忘年会。そのままケンジさんがロフトで大森さんの年越しライブでギター弾いているとのことなので、顔を出す。年越しの瞬間、焦ってロフトに移動していたのであんまりよくわかんなかった。

一年って早いなーとは例年通り思うけど、にしても去年はかなりトピックス大盛り。とても濃厚でした。今までと大きく変わった点としては、自分発信のプロジェクト(というかバンドというのか)を増やしたこと、それと今までやっていた仕事を1つ辞めてフリーランスで働くことにしたこと。

前者については、一昨年から引き続き活動していたSuidobashi Chamber Ensembleに加え、THE RATELというバンドのほか、自分の作曲した声入り室内楽曲を演奏するIkeda Wakana bandset というのをやった。かなり作曲しまくっていました。EUツアーでも自分の曲演奏して回ったりも、そういえばありました。Ikeda Wakana bandset は今年レコーディングしたいと思っていて、それと共にプロジェクト名がこのままだとダサすぎるので変えたいです。

数年ぶりに即興も、割と頻繁に演奏しました。

それぞれのプロジェクトについて、こういうのが面白いのではないかなというサウンドのバランス、バンドとしてのあり方は最初から見つけられていたわけではなくて。
自分の作曲家としてのキャリアもなかったし、そもそも「何がやりたかんだったっけ」とか「何が自分の好きなものだんだっけ」とかそういうところを見つめなおすところから始まった。それが春くらい。記録残しておけばよかったな。たくさん友人に助けられました。

 

後者の仕事の件については、地方や海外に長期でツアー出ると収入が減ってしまうのが辛くて(プラスになることもあるけど、全部ではない。。)、生活スタイル変えたいと思いはじめました。最初は仕事安定しなくてまいっていたり、逆に仕事を請け負いすぎて家で半べそかいたりしていましたが、今は安定してコツを掴んできたような気がする。空き時間に細かく仕事ができるようになったので、pcさえあればどこでも行けるようになった。

ありがたいことに音楽の仕事も去年は沢山させていただいていたので、それにも大きく助けられました!音楽以外のことに使う時間は、できるだけ減らしたい。

 

 

いろいろなトピックスがあって1つ1つ書ききれないんだけど、12月後半に京都・福岡・熊本ツアーは本当に行ってよかったと思った。各地の音楽家との出会いが、ものすごく刺激になった。じゃあ東京で何するかってことも考えさせられた。とはいえ、、、結局、好きで興味ある面白いと思っていることに尽力するだけでもある。

 

 

ここからは違う話で、そのツアー行って思った感想、、、所謂ニューチャプタージャズ/ブラックミュージックが流行して、それに影響を受けたミュージシャンや批評家が増え、つまり楽理面からアプローチする音楽家や批評も増えた。私も音大出ているし楽理からは沢山影響受けているのでこれは批判とかではないのだが、楽理分析から批評を展開するパターンのものが今は多すぎる気がする。

逆に大学生の時は、そういうものが少なかったから、そういうものを完全に求めていたけれど。(抽象的なポエム批評を欲してるとか、そういうこととは全く違います。あらゆる音楽は批評的に機能する、という前提で話をしているので、これは批評家批判とかでもないです。)

音楽にとって楽器が上手/下手とか楽理的に新しい挑戦があるかって、音楽の良さとしてのエビデンスが比較的しっかりしている。それがある意味音楽として面白いことって当たり前だと思うんです。だから私も日々練習は沢山するし、それが面白いことは認めつつ、今それ以外のところが面白いなあと思っていて、、、まだ言葉で纏まりきらないのですが、、アイディアメモ的に、ここに書き残します。走り書きですみません。

そんなことを漠然と考えながら、千葉雅也さんの「意味のない無意味」を読む。

東京に帰ってきてから各地のミュージシャンとメールを交わす。特にパニスマの吉田さんから来たメールに感銘を受けた。絶対に福岡にまた行きます。もっと面白いものを持って!

THE RATEL 映像公開!

ツアー帰ってきてからの、更新になってしまった。。年も開けて、元旦に書いている。。。

タイトルの通り、まずTHE RATELのライブ映像が公開されました。通しで演奏してそれをまるっと収録しています。補正なし!!!

撮影は吉田ヨウヘイgroupの時にも大変お世話になった関山さんがしてくださいました。事前打ち合わせから丁寧にお付き合いくださり、様々な要望にも臨機応変に対応していただき、、、、

本当にありがとうございました!!!

https://youtu.be/W42GBKqfWQQ

THE RATEL ツアー!

昨日の続きです。

リリースしたCDを今月末に行くツアーでも販売します!

回るのは京都・福岡・熊本の三都市に、ラストは東京で。それぞれ各地で一緒にやってみたいと思っていたバンドばかり、、、。気が引き締まります!ブッキングをしてくださった、ハコの皆様、バンドの皆様ほんとにありがとうございます!

京都では昨日のライブもすばらしかったスーパーノアのほかIKIMONOやれっきとしたスリーパーと。いつか出てみたかった福岡UTEROでは九州のハードな面々とバチバチやります。そしてDoitSienceをはじめ超ドープなバンドが揃う、盛り上がること間違いなしの熊本Art Blakey Fes.。ネネカートともまた会えるのが嬉しい!

それで東京に戻ってからのツアーラストには自主企画でまた、ずっっと大好きだったuri gagarnをお誘いしてのツーマンです、、! Forのリリース記念レコ発ワンマンがもうめちゃくちゃ良くて、それでその日から呪文のように、いつかuri gagarnと対バンしたい、、、と言い続けていました。普通にファンなので緊張します。ですが負けてらんないので頑張ります!

DJにはミツメの須田さんと、モンド・ミュージックの著者でもありRecord Snore Dayなどでも知られる小柳さんをお誘いさせていただき、これもまたとても楽しみです。我々も少しDJ予定。

2018年12月21日(金)

京都Live House Nano

【出演】

THE RATEL

スーパーノア

IKIMONO

れっきとしたSLEEPER

開場 18:45 開演 19:00

予約2000円 / 当日2300円(+1d)

2018年12月22日(土)

福岡UTERO

『MUSIC UNFAIR SPECIAL』

【出演】

THE RATEL

GO TO CANADA

Cobalt boy

ウサギバニーボーイ

ダム狂い

brainwash

石の犬

開場 17:30 開演 18:00

予約2000円 / 当日2500円

(+1d)

2018年12月23日(日)

熊本NAVARO

『Art Blakey Fes.2018』

【出演】

THE RATEL

bed

marron

ウサギバニーボーイ

KyEO

shiNmm

ナルコレプシン

Doit Science

and more…

【DJ】

通行人(aka Paisen)

開場 13:30 開演 14:00

予約2500円 / 当日3000円+1d

2019年1月25日(金)

下北沢 THREE

『THE RATEL FOCUS EP

RELEASE PARTY』

【LIVE】

THE RATEL

uri gagarn

【DJ】

小柳 帝 (モンドミュージック)

須田洋次郎 (ミツメ)

開場 / 開演19:00

予約2,000円 / 当日2,500(+1d)

予約はこちら!!!!!

https://docs.google.com/forms/d/1BoQJhuxkwAbtwX6yxxg8RZEGkYjF-D9-fLrGpS1SDkQ/

THE RATEL リリース!

タイトルの通り、本日、、、、

THE RATEL のリリース情報と、ツアー情報、それに加えて映像が公開となりました!

とにかくめでたい!!!

本当は別々に公開予定だっだのですが、一気にまとめて、バンドがお祭り騒ぎ状態です💃

1つづつご説明します。

1、リリースについて

こちらは今年の3月くらいから制作をスタートし、こってりと時間をかけて練った4曲入りEPです!ツバメスタジオの君島結さんにレコーディング&ミックスをお願いし、共に試行錯誤しながら作り上げました。かなり何回も方向を変えたり、細かいところまでお付き合いいただいて、それはもう本当に君島さんへの感謝が尽きず、、、なんとお礼を申し上げて良いのか、、、最高な出来栄えになりました!

マスタリングは中村宗一郎さん。ここでも、またマジックがかかってさらに良いものになりました!

レコーディングが私は大好きなんですが、なんといっても、なんかレコーディング中ってメンバー渾身のスーパープレイとか、これもう一回やってって言われてもできないよねえ、みたいな瞬間が、箱に収められて形に変わるのを間近で見れるのが楽しいです。

その分量の多さで、なんというかある種の良さが決まるところもある気がします。それでいうと、今回はそういうのが沢山あって、個々人の面白さが詰め込めたように思います。

タイトル曲では君島さんと機材を試行錯誤し、フルートの質感がすごく好みの感じになった。メロトロンっぽいけど生っぽさもあって好きです。

ジャケットは水中図鑑というバンドでも活躍していらっしゃる、加瀬透さんに写真を撮りおろしていただきました。New European Recordingsみたいなかんじですかね!いいですね!と言ってくださった時には汲んでくださったテイストがまさにすぎて、もう完成したも同然の気持ちになりました、、!。これでグッズとかも、つくりたいな。

THE RATELの曲は80sの初期4ADだったり、ポストパンク、オルタナ、ポストハードコア、、今流行りの感じとはかなり路線が異なります。ムーディーでおしゃれな感じもない。でも、このバンドでは好きなことや興味のあることを実験できて楽しいです。

ちょっと特殊な我々ですが、なんか変だぞって思って笑いながら、リラックスして楽しんでもらえたら嬉しいです。

『Focus EP』

There is no care

ある時間

VAQ

Focus

Aya Naito main voice, bassoon, main lyrics

Wakana Ikeda flute, voice, main compose

Kenji Hatakeyama guitar

Narufumi Mizobuchi bass

Hiroki Togashi drums

Recorded at Tsubame Studio, 2018 Apr.-Oct.

Mixed by Yui Kimijima

Mastered by Soichiro Nakamura

Cover Designed by Toru Kase

¥1,200

 

 

大事なことを書き忘れていました!!!

発売日は12月16日です!!

今回は完全自主で作っておりまして、流通も通していません。

なので、まずはライブ会場で買っていただくのが一番早いかと思います。

取り扱い店舗についてや、通販もできるようにしたいと思っているので、また追ってお知らせします。

 

一応今言えるのは、取り扱い店舗がまだ一件も決まっていません!頑張ります!汗

と、ではライブ会場で買うっていっても、いつがライブですか、となると思います。

明日はリリースツアーについて日記を書きます。

明後日は映像についてです。

6/28 イトケンさん企画と、それにまつわる

4年くらい前かな、もっとかな、それくらいのときに、宇波さんから頂いた仕事でイトケンさんと映画の劇半をした。フルート奏者とパーカッショニストの夫婦という設定のストーリーという、なかなか珍しいもの。結局企画はボツになってやらなかったんだけど、デモ録り終わりで3人で足湯したのを覚えてる。吉祥寺のどっかのリハスタ。夕焼けが綺麗な中で音楽談義。なに好きなの?ときかれて、ヘンリー・カウと答えたときにイトケンさんと宇波さんの目が光った….!これきっかけでレコメン愛好会なる結社に私は参加することとなった。レコメンギャグとか、面白かったな、、、。

そんなイトケンさん、実は仕事で一緒したのはこの一度だけ。3月の初ライブへお声がけしたところ来てくださり、その場で企画に誘ってくださった。

イトケン with speakers すごくかっこいいのでとても楽しみ!それこそ、レコメン好きな人とか、あとはクリンペライまわりとか、フレンチアヴァンとか、そういうの好きな方にもぜひ来てほしい。私ゲスト参加して吹くみたいなこともあるかも、らしい。スペシャルな日になりそうです。

ratelはこの日、新曲をやる予定でいます!

ご予約お待ちしています。

123>